きれいな脚と花

ラミシールとは、真菌の増殖を抑えるアリルアミン系抗真菌剤の一種で、テルビナフィンという成分が配合されています。
このテルビナフィンには、真菌に作用して水虫やカンジダ症といった皮膚真菌症を改善するという効果があるため、皮膚科などで処方されています。
ラミシールには、錠剤タイプの内服薬とスプレーやクリームなどの外用タイプの薬があり、内服タイプのラミシール錠を服用する場合は、副作用が起こる危険性があるため、医師による処方を受けたほうが安全です。

内服薬は抗真菌作用が強く、爪の中で白癬菌が増殖している爪水虫や頭部白癬、カンジダ症治療に効果的です。
爪水虫は、外用タイプでは薬効成分が患部にまで浸透しにくいため、治療効果がありませんが、内服タイプは有効成分が血管から爪をつくる爪母や爪床に運ばれ、白癬菌に侵された部分に浸透するため、白癬菌を効率よく殺菌することができます。
従来の抗真菌薬に比べて完治しやすく、治療期間も短くて済みます。
しかし、まれに重い肝臓・腎臓障害や血液障害が起こることがあるので、肝機能障害などの疾患で服用できない人や高齢者は使用できませんが、それ以外の人は抗真菌剤の内服による治療が一般的に行われています。
ただ、服用する場合は定期的に血液検査を受け、肝臓や腎臓の疾患を抱えている方の服用は注意しなければなりません。
また、他にも、胃部不快感や膨満感、下痢、吐き気、腹痛、めまい、頭痛、発疹、かゆみ、蕁麻疹などの副作用が起こることがあります。

ラミシールの外用薬には、クリームタイプと液タイプ、スプレータイプ、ジェルタイプがあり、内服タイプとは違って血液検査の必要もなく比較的手軽に使用できます。
クリームタイプは、べとつかず軽い使い心地で、ジュクジュクとしたびらん型や乾燥やひび割れが目立つ角化型の症状の治療に最適です。
液タイプは、粘りが少ないため乾きやすく、浸透性に優れているため、乾燥した患部の治療に向いています。
スプレータイプは、患部に直接触れることなく噴射することができるため、清潔を保て、広い範囲に使用することができます。
ジェルタイプは、速乾性のある軽い使い心地の透明なジェルで、乾燥型や角化型の患部に適しています。
これらの外用薬は爪水虫など外側から薬効成分が浸透しにくい症状以外の比較的、軽症の白癬菌による症状に対して効果があります。
外用薬は内服薬に比べ重篤な副作用は起こりにくいと言われていますが、皮膚のかゆみや赤み、刺激感などの副作用が起こる場合があります。
ラミシールは白癬菌による症状を解消する非常に有効な医薬品ですが、副作用と注意点を守って使用することが大切です。

ラミシールの殺菌作用と、その効果について

ラミシール薬とは、カビの一種で真菌という菌の増殖を抑える薬です。
アリルアミン系抗真菌剤の一種で、主な成分のテルビナフィンには、水虫やカンジダに効果が見られ、皮膚真菌疾の方への治療薬として多く使用されています。
このラミシールは真菌に対しての殺菌作用が非常に強いのが特徴です。
難治性と言われている爪水虫や頭部の水虫、カンジダ症の治療に効果があるといわれています。
水虫の原因の白癬菌の増殖を抑えてくれるのです。

この薬剤には、飲み薬、塗り薬、スプレーなどの種類があります。
効果としては、大きな変化はなく、部位によって薬を使い分けます。
スプレータイプは気軽で良いのですが、爪白癬など外側から薬効を届かせるのは難しいですが、軽度の白癬であれば、外用薬で治療を試みましょう。
塗り薬は一般的な水虫と言われる足水虫に対して処方されます。
この塗り薬は、実際の症状が出ている範囲より広範囲にしっかり塗るようにしましょう。
またこの塗り薬でなかなか治らない場合には飲み薬へ変わります。
飲み薬は、爪水虫や角質増殖型の水虫に対応しています。
飲み薬に関しては身体の内側から真菌を殺菌する事ができます。
どのラミシール薬でも、用法、用量を守る事が一番大事です。

しかし、飲み薬としてラミシール薬を服用する際には、副作用が出現してしまう場合もあります。
それは真菌に対しての殺菌作用が強い為に、身体に何らかの副作用が現れる事があるからです。
ラミシール薬には、水虫の原因の白癬菌を殺す作用がある為に、完治率が高く、治療期間も短縮されるのですが、その分、身体への副作用出現もある可能性があります。
殺菌作用が強く患者の体質によって、特に肝臓や腎臓に障害を持っている方は、副作用の危険が伴いますので、必ず医師の指示に従う必要があります。
早期発見早期治療が完治への近道をといえるでしょう。

知っておきたいラミシールの副作用

水虫の治療薬の成分として代表的なラミシール。
水虫の原因となる白癬菌の増殖を抑え、殺菌する働きをします。
ラミシールを使用した薬には塗り薬や液体タイプの外用薬だけでなく、爪水虫や角質増殖タイプの外用薬では治りにくい水虫に対応した飲み薬も販売されており、さまざまなタイプの水虫治療に広く用いられています。

ただし全ての薬にいえることですが、薬には効能だけでなく副作用も存在します。
ラミシールも同様で、他の薬と併用する場合には医師に相談することが必要になります。
ラミシールの副作用としては、胃の不快感や膨満感吐き気、下痢、食欲不振、頭痛、めまいなどといった症状のほか、発疹やかゆみ、じんましんなど皮膚に何らかの症状が現れる場合もあります。
さらにひどい場合には顔面浮腫やリンパ節腫脹なども副作用として確認されています。
これらの副作用はラミシールを飲み薬として服用した場合の例ですが、塗り薬として使用した場合の副作用としては、皮膚が赤くなったり、かゆみがでたりするほか、不快な刺激を感じることもあります。
これらの症状がでた場合は、ただちに使用をやめ、早期に医師の診断を仰がなければいけません。

また持病があり、なんらかの薬を日常的に服用している人は特に注意が必要です。
胃薬やせき止め薬、うつ病の薬などは血中濃度に影響を与えるため、控えたほうがいいとされています。
さらに肝臓病や腎臓病、血液に関する疾患を抱えている人も、病状が悪化する恐れがあるためラミシールの服用には注意が必要です。
このほかにもアルコールと共に摂取することや、妊娠中またはその可能性がある人は服用に慎重になったほうが無難です。
いずれにせよラミシールを利用する際は、医師によく説明をうけてからにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
    最近の投稿
      アーカイブ